開所一年後の現状報告です🎺  

こんにちは。関です。

いつも、大勢の皆様に大変お世話になっております。

本当にありがとうございます。

あおなみは、2022.8月を迎え、開所して1年が経過しました。

 

この一年を振り返り、浮かぶのは、「成長と困難」「仲間の存在」「絆」「勇気と挑戦」「感謝」などなど・・まだ浮かびそうですが、そんなところでしょうか。

ここからは、私の思いを話します。


在宅看護を初めて一年が経ちました。

一年というのは、あっという間で、気づけば一年、という位に季節が過ぎていきました。

感じ方は、それぞれで、好きなものや得意なものも、それぞれある。

それでいいし、それがいいと思うわけです。

在宅看護が好きな人もいれば、病棟での看護、クリニックや外来での看護、施設内での看護が好きな方もいます。

それぞれが、それぞれの場所で、その人らしく頑張ること、それが良いと思うし、美しいと思います。


あおなみでは、今も仕事が増えてきていますから

一緒に在宅看護を、支えてくれる仲間を募集していますが

なかなか、集まらない現状もあります。

中での仕事のイメージや、働くスタッフが見えにくいのも、要因のひとつかな?と思ったりしています。

ブログ投稿も、忙しいと、つい更新が滞ってしまいますのが現状です。

だから、決していつも上向きではないということを伝えたいです。

疲れてしまうことも、怒ることも、冷たくなることもあります。

当たり前です、人間ですもの。

そんな時に、優しさや勇気や元気を取り戻せるのが、仲間の存在です。

仕事への向き合い方や頑張る姿をみて、自分がマイナスな気持ちになっていても、

仲間の存在で、また再起できます。

みんなのおかげで今があって、これからがある、そう思っています。

あおなみメンバー初めとして、いつも応援してくださる皆さんに、

心から感謝を伝えたいと思います。本当にありがとうございます。

少しでも多くの人に、優しい気持ちや、暖かい看護が届けば良いなと思います。

ご依頼をいただいても、お受けできないくらいに、たくさんの仕事をいただいており、本当にありがたいことです。

加えて新規のご依頼や、お困りのご依頼時に、対応できなくなってきていることも、心苦しく感じます。

多様なニーズに応えるためには、マンパワーなんですよね。

だから人って、本当に大切なんです。


無理なく、楽しく、一生懸命、それが長続きのコツですね。

頑張ってきましたから、今があるし、仲間や応援してくれる人の存在や支えがあるから

これからも頑張れます。


夏の時期は、正直本当にきつい仕事だなと思います。

暑いだけで、体力も消費されますからね・・ これぞ夏バテの語源と思いました。

少しでも働きやすいようにと、会社で麦茶とスポドリは常備しております。少しでもね。

 

結局のところ、「好きかどうか」これにつきると思います。

 


大変でもやめられないって、あおなみスタッフの安里さんもおっしゃっていました。

「大変=やめたい」 とは、ならないんですよ。

というか、「大変なのは当たり前」なんです。

それは、どんな仕事でも一緒だと思います。

簡単な仕事だったら、面白くないでしょう。

だから、大変かどうかではなく、

やりたいかどうか、好きかどうか、面白いかどうか。


大変で良いと思うし、それが成長に繋がると思います。

大変かどうかは過程の中で、感じることで、

その先に自己成長や、会社の成長、仲間の絆や、感謝や笑顔があります。

日々鍛錬、まさにこれにつきます。

大変と感じる日々の中、

私たちあおなみの、モチベーションはどこから来るのか・・・

その秘訣は・・・


あおなみの内情が、気になるでしょうから

今度、こっそりお教えしますね。

あおなみスタッフの1日のスケジュールを、お見せします!🌟

お楽しみに・・・🎵

インスタも見てくださいね〜❣️

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。