スタッフ紹介

関 真砂乃【管理者・看護師】

こんにちは。はじめまして。

看護師の関真砂乃と申します。当ステーションの管理者を務めます。

私は神奈川県内の看護専門学校を卒業後、神奈川県内の大学病院で3年間勤務し、その後、外来通院透析クリニックで4年ほど勤務しました。

病院勤務、外来勤務と経験していく中で、患者さまや、ご家族に関わり看護できる喜びを感じてきました。この仕事が大好きです。

訪問看護では、患者さまやご家族の生活や思いに寄り添い、看護師としてできる限りの支援をしていくと共に、成長していきたいと考えています。

在宅看護という形で、患者さまやご家族、地域を支える一人でありたいと思います。

患者さまやご家族に寄り添うことはもとより、一緒に働くスタッフ、他職種の皆さまとも、質の良い連携をはかり、安心・安全な看護サービスの提供に努めます。

挑戦と成長を続け、少しでも皆さまのお力になるよう取り組んでまいります。

よろしくお願いいたします。

有川 清香【看護師】

わたしは神奈川県内の県立の看護学校を卒業後、神奈川県内の大学病院で6年間勤務しました。

最初は小児科に配属され、小児全科を対象に、多くの患児とその家族への看護を経験しました。

5年目になるときに成人看護も学びたいと思い、内科病棟へ異動をして2年間勤務しました。

慢性疾患を抱える患者様が多い病棟であり、退院後も継続した医療ケアが必要となる患者様への退院支援が重要であることを学びました。

その後は心機一転、美容クリニックで1年ほど勤務しました。お客様のコンプレックスを解消する手助けができるところにやりがいを感じられる素敵なお仕事でした。

様々な場所で多角的に人のサポートができる看護師の仕事はやりがいが大きく、自分自身も成長できる素敵な職業だと思っています。

これからは地域で暮らす患者さま・ご家族の皆さまのお力になれるよう、新たな挑戦を楽しみながら日々精進して参りますのでよろしくお願いいたします。

兼田渚未【看護師】

はじめまして。看護師の兼田と申します。

私は、地元東北で看護短大を卒業後、神奈川県内の大学病院で8年勤務しておりました。

大学病院では、周手術期・終末期にあたる患者さまと関わらせて頂いておりましたが、急性期病棟であり患者さまとゆっくり関われず葛藤の日々でした。

患者さまとゆっくり関わり、寄り添った看護を提供したいという思いを強く抱くようになり、訪問看護師として働く事を決意致しました。

大学病院で働いている際に訪問看護を利用する方が多くおり、患者さまはもちろん、ご家族と関わる事もありました。

患者さま・ご家族が安心して住み慣れた環境で生活できるために全力で支援していきたいと考えております。

大学病院で培った経験を利用者様・ご家族の方へ提供するとともに、お力になりたいと思っております。

よろしくお願いします!

山田【看護師】

はじめまして、看護師の山田と申します。

私は総合病院勤務後、10年来回復期リハビリテーション病棟で回復期看護を経験してきました。またデイサービスやグループホーム、介護老人保健施設など、老年期の看護にも多く携わっております。

回復期リハビリテーション看護では、疾患や障害を持ちながら、ご自宅へ戻るための支援、ともに過ごすご家族への支援を経験しました。

施設勤務では、ご高齢の方の心身の変化に寄り添い看護することを心掛けてきました。認知症の方の対応も多く経験しております。

看護上のモットーは、「すべての方の個性を受容し、寄り添っていく」ことです。

人生の先輩である皆様に尊敬の気持ちを胸に、住み慣れたご自宅での穏やかな老後生活をお手伝いさせていただきたいと思っております。

在宅生活をするうえでの困りごと、介護のお悩み等、ぜひご相談下さい。ご本人様、ご家族様みんなで一緒に考えていきましょう。

少しでも多くの皆様が安心して、ご自宅で過ごせるようお手伝いさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

福澤 宏幸【理学療法士】

はじめまして、理学療法士の福澤と申します。

出身は千葉ですが、海と山が大好きで、現在は鎌倉市に住んでおります。最近は、横浜市の街並みも大好きになりました。

理学療法士としては、今年で9年目になります。

今までは、主に総合病院の回復期病棟や訪問看護ステーション、整形外科クリニック、在宅復帰型の老人保健施設のリハビリスタッフとして携わって来ました。整形外科疾患や難病疾患はもとより、実際、患者様が立位や歩行が困難な状態から、歩行の再獲得までの身体的及び精神的サポートに加えて装具等の必要な道具の提案を得意としてきました。

これまでの多くの患者様や利用者様と接してきた中で、ご自宅で暮らしていきたいとの声を多くお聞きして参りました。また、友人が主催する子供の運動教室にも時折参加し、疾患を抱える子供達においても、在宅リハビリの必要性を感じております。在宅分野でのリハビリのニーズは、多種多様なため、それぞれのアプローチ方法は異なりますが、ご利用者様やご家族様のご希望を十分にお聞きして、ご利用者様が望まれる生き方、その方らしい生活スタイルを第一に考えた関わりを大切にしたいと考えます。また、リハビリテーションとは、単に身体機能の回復ではなく、その方の生活をより豊かにするものと考えております。

是非、一度、お声掛けください。

目標に向けたリハビリテーションを通して、ご利用者様がその方らしく、今後も安心して在宅生活を継続して出来る様に、看護師としっかり連携し、誠心誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

鳥居 尚美【言語聴覚士】

はじめまして。言語聴覚士の鳥居と申します。

大学病院での急性期医療、回復期、慢性期病院で経験を積んでまいりました。言語聴覚士として働き、10年目になります。

コミュニケーションや食べることというのは、最期まで必要なことであると思っています。いつまでもご家族様やご友人とコミュニケーションがとりたい、安全に食事を続けたいと思っていても、ご自宅で困ったり、不安になることも多いと思います。そのような時に言語聴覚士として何かお役に立ちたいと思い、訪問リハビリへの道に踏み出しました。

今までの経験を活かし、またご本人様•ご家族様と一緒に考えながら、目標に向かって進めていけるよう努めてまいります。

笑顔いっぱいで伺います。

宜しくお願い致します。


インタビュー冊子をお読みいただけます

私のこれまでの経歴、訪問看護ステーション開業を目指したきっかけなどをお話させていただきました。

こちらよりお読みいただけます。